作業効率の悪化

属人化とは特定の社員にある業務が集中し、その社員でしか対応出来ない業務になってしまうことです。特に情報システム部門は専門の知識、技術が必要となり、おおげさに言えば神格化され経営陣でさえ口出しがしにくい、と言うより任せっぱなしと言う状況も散見されます。情報システム部門のガラパゴス化が進んでしまいます。

ガラパゴス化の問題点

ガラパゴス化した部門は他部門とのコミュニケーションも不足になりがちです。自分の経験範囲内でのシステム開発に閉じこもりがちとなってしまい、独自の専門知識のために人事の交流も行いにくくなります。ビジネスマンというより、会社の方針を理解しない職人となってしまっているかもしれません。

ブラックボックス化

このような状況を避けるためには、経営陣が時間を取りWEBシステムを導入することによりどのような効果があり、その為に必要なリソースを理解する必要があります。ホームページを含めて、WEBシステムは企業戦略その物とも言えるのではないでしょうか?充分な時間をとる価値があると信じています。

システム開発は、企業様にとって業務効率化の大きなチャンスです。 サイトプランでは東京都内のエリアでWEBシステム開発を中心に、ご相談、お見積り等承っています。