リスクマネージメント - セキュリティーの重要性

情報化社会となった現代社会では、企業を取り巻く環境の変化のスピードが加速しています。 中でもセキュリティー管理は多くの企業で最重要項目の一つとなっています。 顧客データが簡単に社外に持ちだされるような事があってはならず、この様なリスクを避ける事は不可欠です。ご存知のように大企業の場合は、個人情報の漏洩は社会的な事件となってしまいます。管理運営体制、技術的な対策が充分でしょうか? 企業様のレベルにより様々ですが、システムのセキュリティー対策として次の2つのポイントが指摘されます。

管理運営体制

  1. サーバー室には物理的に特定の担当者しか入室出来ない。
  2. 重要なデータは定期的に遠隔地にバックアップされている。
  3. 管理者といえどもむやみに重要なデータをコピー出来ない仕組み。

等です。

技術的な対策

  1. ネットを介して進入するハッカーを防御する
  2. 社内ユーザーのデータ利用に権限を設けて業務上必要なデータのみに制限する。

等です。

情報システムのセキュリティー対策は企業のリスクマネージメントにおいて必要不可欠です。しかしながら、知識・人材・費用・時間面の不足からセキュリティー対策にお悩みの企業様も多いと思いわれます。 情報システムのセキュリティー管理を外部の専門企業に委託したいとお考えの方は、東京で企業様向けのWEB受注システムやその他WEBシステムを開発・運営しているサイトプランにご相談下さい。